スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -

東海道8日目

 


2011年10月24日(月)

●08:30

起床。
荷物をまとめ、身支度し、ネカフェのモーニングセットで朝食。

今朝は足がどうなることやらと思っていたが、
あれ、意外に 元 気  ? いや痛いのは痛いけど。
勘違いでなければ、旅を始めてから毎日少しずつ、回復スピードが速くなってきている気がする。



●09:40

今日の目標と歩行プランを練っている。
今日8日目は「早めに切り上げて休めよバカタレ」をモットーに、ちんまり進もうと決定する。
目標は、静岡入り。


余談だが、
昨日1日巻いていた右ヒザのサポーター。締めすぎたのか汗のせいか、外したらワサワサと湿疹ができていた。
ものすごく痒そうな見た目なんだけど、これが痒くない。
本当に痒くないのか、足全体の感覚が麻痺して痒みを感じないのかまさか、と悩む。

さらについでの余談だが、ふくらはぎが、今までの人生で体験したことのないフトマシサになってきた。むくみだろうか。



●10:15

それでは東海道歩いてひとり旅、8日目。
体調良好、足は全体的に重痛い。天気、晴れすぎ。
いってきます!




●10:50

眩しくてちゃんと写ってるか確認できないが、豊橋市に入る。
愛知はこれで最後…のはず!日差しが強く、暑い。




●11:45

東京まで、300キロを切った。




● 12:45

ちょっと早いけれども、この先店がなくなりそうな気がするので、1号線沿いのガストで大休憩。
お昼ごはんを食べる。


チャリで東海道を旅した時も感じたことだが、
普段はあまり好んで肉食しない自分が、旅中はとにかく肉が食べたくて仕方がない。
そしてそれにプラス、徒歩旅を数日やってみたのちに考えついたことが、
夕食はできるだけ食べずに、寝ている間の体力は足の回復にすべてまわしたい
消化活動なんかに使っている体力は、ない。
(あくまで素人考えです真似はやめてください)

そうすると自ずと、昼食で栄養もカロリーも賄いたい、となり、
店を選ぶ基準が、肉が食べれて、できればゴハン大盛りにできる店、になってくる。

モリモリ食べ。14:00、再開。



●16:00

歩道をヘロヘロと進み中、道路の向こうからこちらを呼び止めながら、男性が走り寄ってきた。

何事かと思ったが、聞けば、
昼間に一度、家から外出先Aに向かう1号線を運転しながら、バックパックを担いだ女の人を見かけた。
わー女性なのにエライことやってんなァ、と思っていた。

そしたら今さっき、さらに車で外出先BとCも回って自宅に戻る運転中、また見かけた。
1日に二度も見たとなれば、これはもう声を掛けてみたい、と車を降りて駆け寄ってきてくれた。
ということだったそうだ。驚いた。




これ飲んで!とジュースを頂いた。炭酸が泣けるほどありがたい。
ちょっと待って、車にPC積んでるから、と、その場でTwitterもチェックしてくれた。

このIさん、
「自分の話だけれども、ちょっと家族の大きな病気・手術があって、
 家業や両親のこと考えては、元気なくしてたんだけど。
 こんなすごいバカらしい旅をしてる人に出会えて、
 今日はいい日だ。ツイてる!すげぇ嬉しい!」

すげぇ嬉しいのはコッチの方で、涙ちょちょぎれそうなのもわたしのほうである。

ご家族の術後の経過が良くあるようにと願いながら、東京を目指してみようと思う。
がんばれる。痛いけど、まだ行ける。



●16:20


静岡県へーーー!!!




●17:00

静岡に入り、登り坂が多い。


コンビニごとに荷物を降ろして、足を投げ出して休憩する。痛い。






●18:15

日もとっぷり暮れ、今日の目標としている宿まで残すは5キロ。
ぼちぼち行ければ、あと2時間もかからず着けるなぁと考えながら信号待ちをしていたところ、
またも道路の向こうから声をかけてくる男性がいた。

何事か・第二弾だ……と思ったが、聞けば、

いくつか前のコンビニの前で、裸足でうなだれている女の人を見つけ、
…家出か?と思ったが、しっかりした荷物を見て、あぁバックパッカーか大変だなと思っていた。

しばらくして車を走らせていたら、またさっきのコンビニ女を見つけた。
気になり声を掛けてみたが、距離もあり聞こえないようだった。

そして今、まさかの三度目、また夕方のコンビニ女を発見した。
足を引きずりながら、この先街灯もない道をオマエはどこに行くのだと、
さすがに今度は居たたまれず車を近くに止めていま走ってきたのだ。
のだ、と言う。
まさかの3回遭遇。何かちょっとした魔除け効果ぐらいはあってもよさそうである。

「東海道でしょう!? 浜松方面でしょ!この先暗いから、車、乗ってきな!」

まさかの逆ヒッチハイクである。
一瞬のうちに、えぇぇうわぁぁぁどうする俺!歩いて東海道で、徒歩旅で、チャレンジで、とものすごいスピードで考えが過る。


口から出たのは、「あ、わぇ、ありがとうございますっ」だった。
せっかく声を掛けてもらったこと、無駄にしたくない。
決めていた宿までの残り5キロをお世話になることに。



車中で話をする。
このSさん、元旅行会社勤務、ご自身も国内海外問わずのバックパッカーさんだった
なるほど全てがスピーディだったわけだ。

あっという間の車での5キロを運んで頂き、お礼を述べてお別れ。
頂いたこの時間で、しっかり身体休めて、また明日がんばれる。
ほんとうにありがとうございました。


●18:35

そんなこんなで本日の宿、ファミリーロッジ旅籠屋さんに到着。日本ではなかなか見ない、モーテル。

  

ちょうど浜名湖の真上にあるお宿。窓を開けていると、風が気持ちいい。


●19:30

唐突に生まれた空き時間と体力の余裕にソワソワする。
まだ時間もはやいしなぁ…とコンビニまで歩き、夕食を調達。


モーテルに設置されている洗濯機で衣類を洗う。
乾燥機代をケチり、一晩干せば乾くんじゃね?と
部屋のあらゆる“掛けれそうなところ”に洗濯物を吊るす。

お風呂を溜めて入る。



●23:20

就寝。





■8日目・まとめ■

8日目のざっくり移動図。


8日目の移動距離は、30キロでした。この内5キロを車に助けられる。


今日の出費。
朝食:50円、昼食:600円、夕食:250円。
宿泊:5250円。
洗濯:250円。
前日宿泊の延長料金:900円。
計7300円。 明日からもう少し節約せねば。






なんだかもう、普通に生きてりゃ無い出会い、ひとが暖かい、いろんなことがありすぎて、
非現実すぎて混乱してくる旅8日目。

「東海道歩いてひとり旅」チャレンジ、とはなんだ、と考えてみるが、
5分考えてみたのちに、
「ま、着きゃあなんでもいいんだよね」と結論する。

バカの旅真骨頂である。







今日のラストは静岡県浜松市。
東京まで、残り273キロ。







東海道9日目へ

目次へ

















1


size=!-- /footer --