スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -

東海道1日目




2011年10月17日(月)

朝、自宅内をある程度整え、念のためテーブルの上に遺書を置いて
バックパックを背負う。
もしかしたらさようなら我が家。途中でクマに襲われて死んだらごめんなさい両親。



●10:30

自宅前で記念撮影をし、Twitterにて「旅、出発します」の実況。
いざ、

東海道 歩いて ひとり旅、スタート。いってきます!!!




●10:45

いってらっしゃい!の暖かいリツイートたちを一身に受けながら、
玉造→京橋を抜けて→京都入りを目指すため、森ノ宮を通過。




●11:10

繁華街・大阪京橋を、月曜日の午前という時間帯にバックパック姿で突き進む。
可哀想な子なんやであれは、という好奇の視線を360度から感じながら。
こんなことで心折れるようでは、こんな旅を実行できるわけもない。



●11:32

大阪市城東区・関目にて1号線に合流。
この旅は、東海道とは銘打っちゃいるが、基本は国道1号線を頼りに一番行きやすいルートでいくんだもんね近道があればそっちいくかんね、という適当無計画な旅である。

東京までよろしくお願いします!




●11:40

出発して小一時間。すでに肩が爆発しそうである。
バックパック6キロですら舐めていた……。

ていうか、完全に舐めて掛かってるのがバレてお恥ずかしい限りだが、
わたしはバックパックは腰で締め上げて肩の負担を減らすものということすら知らなかったのだ。
この腰に着いてるベルト、飾りにしてはカッコ悪いわぁぐらいに思っていたのだ。



●11:55

1年前のチャリンコ旅でも、Twitterへの実況に多用した、馴染みの標識発見。
東京まで、537キロ。




●13:05

大阪・大日へ。


そして大日駅前ベンチでランチ。
基本は貧乏旅、初日は持参したカロリーバー。
まだそんなに歩いてないが、すでに牛丼屋や焼肉店前の匂いで死にそうなくらいお腹減る。




●14:40

淀川沿いを歩く。風が気持ちいい。やっと汗ひいた。




●15:10

初日はひとまず、と、ペットボトルの水1本しか持っていなかった。
1時間ほど前から飲み水が切れて困ってたところに、救世主あらわる。

とりあえず自分にガバガバ給水。そしてペットボトルに汲む。
ついでに近場のベンチで小休憩。
Twitterで、「きっとそこで頭とか洗い出すんだろな。」とのコメントを受ける。

この時点ですでに足裏が擦れてヒリ痛い。靴擦れかなぁという素人判断で絆創膏を貼ってみる。

まぁ、コレが、最終日までお付き合いに苦しむマメであることは夜に判ることとなる。


●15:45


高槻市に入る。




●17:55

携帯の充電(差したままでは持ち運びしにくいデカいバッテリーから)も兼ねて、本日初の大休憩。
足痛ぇぇぇ。

昼食の節約分がパーである。基本バカだからこういう計算がほんとうにできない。
一時間程座って18:50、再開。


●19:40

京都に入る!ウイスキーの聖地、大山崎。




●20:10

解っちゃいたことだが、わ ら え る ほ ど 足 痛 い 。
ごまかしごまかしで歩いているが、連続30分がすでに限界ライン。
歩いては道端で腰掛けて5分10分休む、そして歩く……。
これはチャリ旅の数倍はキツい旅になりそうだ。


●20:50

京都府・長岡京市へ入る。




●21:40


京都府・向日市。




●23:35

今日でなんとか残り500キロをきりたかったが、もう無理だ…!
足動かん!現在地、京都市伏見区。
これ以上進むのは諦め、宿探しに切り替え。

iPhoneは便利。検索一発、すぐ近くにインターネットカフェを確認。
10分ほどの距離を足引きずりながらノロノロ歩く。


●23:55

本日の宿、確保!寝転がれるーー!!

ネカフェ生活の始まりである。
ちなみに先に申しておけば、この旅の8割はネカフェ睡眠で成り立っております。


●00:20


荷物を降ろし、寝袋を広げ、簡易寝床を作成。
足が痛い。ドリンクバーまでの20メートルの道程すら辛い。一歩ごとに足裏から五寸釘をうたれているような痛さである。
土踏まず無くなってんじゃねぇの、と思えるくらい足の裏がパンパン。

そして昼間の、カカトの皮膚が痛いのを靴擦れだと思っていた件。
水ぶくれになっている。これは…?と、目の前にあるPCで検索してみる。
徒歩旅とは切っても切り離せない、マメだと判明する。

頼むから旅の前にそれくらいの予備知識は準備していてほしかった。

両足にでっかいマメ1つずつ。
針とか持ってないよ…で考えあぐねた末、カッターで刺して力強く応急処置。


●01:45

夕食がわりに、またも持参したカロリーバーをもさもさ食べ、
鉛のような下半身にボルタレンを塗りこみ、足裏に湿布を貼り、
寝袋にもぐって就寝。




■旅1日目・まとめ■

1日目のざっくり移動図。


1日目の移動距離は、43キロでした。

(あくまで数字上であり、純粋な進行距離とは異なりますが、この旅の記録はこのアプリに出る数字をベースとします)

1日目の出費。
昼食:持参、間食:マクドナルド300円、夕食:持参。
医療:ドリンク200円、栄養剤錠剤100円。
宿泊:ネカフェ1500円。
計2100円。


旅1日目にして、スタート前の「ま、なんだかんだ言って、行けるんじゃね?」の軽い気持ちは粉々に砕け、
これはほんとうに明朝起きた体調次第ではTwitterでごめんなさいしないといけないかもしれないと心が折れに折れる。

こんなに痛いとは思わなかった神様ごめんなさいと心の中で泣きながら眠りにつくが、
1日目の痛さなど序章でしかなかったと思い知るのはもう少し後の話。


1日目、最後の地点は京都・伏見。
東京まで、あと503キロ。






東海道2日目へ

目次へ













size=!-- /footer --